生命保険の選び方。掛け捨てと積立のそれぞれのメリット

生命保険は選び方が大切。プランのメリットやデメリットをしっかりと把握しよう! - 生命保険の選び方。掛け捨てと積立のそれぞれのメリット

アーカイブ

生命保険きちんと選ぼう

カテゴリー

生命保険の選び方。掛け捨てと積立のそれぞれのメリット

yjtdyd
生命保険への加入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。生命保険は主に積立型と掛け捨て型の2種類ありますが、結局どちらにすれば良いのか迷ってしまう場合もあるかと思います。それぞれは全く異なる商品のため、契約時に確認が必要になるとともに、違いを把握することも大切です。

積立型の生命保険について

積立型の生命保険は、毎月一定額ずつ保険金を積み立てていくタイプの商品です。積立預金のような感覚で利用でき、一定額に達すると、今までに支払った以上の保険金が戻ってくる場合もあります。
掛け捨て型よりも月々の保険料負担が大きくなると言うデメリットはあるものの、満期時・解約時に保険料が戻ってくるとメリットがあるため、将来的な資金計画を立てたい方に向いています。終身型の生命保険が該当します。

保険料が戻ってくる

積立型の生命保険のメリットとも言えるのが、保険料が戻ってくる点です。掛け捨て型では文字通り掛け捨てのため、いくら保険料を支払っても戻ってはきません。もし保障を利用しなかった場合、支払った保険料が無駄になるおそれもあります。
しかし、積立型の場合は一定額が戻ってくるため、保障を利用しなかったとしても無駄になることはありません。

解約時にも保険料が戻る

万が一満期を迎える前に生命保険を解約しても、ある程度の保険金が戻ってきます。支払った額以上戻ってくるケースはまれですが、積み立ててきた保険料が0にならない点は魅力と言えるでしょう。

手厚い保障が最大のメリット

yjtdyjd
積立型の生命保険は、掛け捨て型よりも月額保険料が高くなっています。その一方で、掛け捨て型よりも手厚い保障を受けられる点が一番のメリットと言えます。仮に掛け捨て型と積立型、どちらも同じ保障内容だったとしても、受け取れる保険金額は積立型のほうが高額になっています。
保険料が高くても手厚い保障を受けたい場合、積立型の生命保険が候補となるでしょう。特約が充実している商品も多く、バリエーションは豊富です。

掛け捨て型の生命保険とは

掛け捨て型の生命保険は、一定額の保険金を支払い、一定期間の保障を受けられるタイプの保険になっています。定期保険が掛け捨て型に該当します。積み立てた保険金は主に保障へ充てられるため、積立型のように保険金が戻ってくることはほぼありません。
しかし、積立型と比べて割安な保険料が最大の魅力で、月々の負担も少なくて済むのが魅力です。保険料の負担を減らし、保障を受けたい方は掛け捨て型の生命保険が候補になるでしょう。
生命保険ランキング

保険料の安さが魅力

掛け捨て型の生命保険は保険料が非常に割安です。積立型と比較すると一目瞭然で、保険料を半額以下に抑えることもできます。積立型は1年間で10万円近くの負担になる場合も珍しくありませんが、掛け捨て型なら月数千円の負担で済むため、毎月の出費はほとんど気にならなくなるでしょう。
単純に保険料のみで比較した場合、掛け捨て型はコストパフォーマンスに優れています。積立型でも保険料が割安な商品がありますが、その分保障が薄い場合も珍しくありません。費用面で比べると、掛け捨て型が有利になる場合が多くなっています。

最低限の保障を受けたい場合に有用

掛け捨て型は保険料が安いとは言っても、保障はしっかりしています。積立型と比べるとさすがに劣ってしまいますが、必要最低限の保障を利用したい場合には有用です。払い戻される保険金よりも保障を重視したい場合、掛け捨て型を検討してみても良いでしょう。万が一への備えとしては十分と言えます。

自分に合わせた生命保険を

生命保険は掛け捨て型・積立型それぞれで異なるメリットを持ちます。どちらも一長一短であるため、自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。手厚い保障と払戻金を重視するなら積立型を、月々の負担を減らし保障を受けたい方は掛け捨て型が向いています。両者を比較し、良いと思ったほうを選ぶことが重要です。

更新情報

▲PAGE TOP

Copyright(C)2015 生命保険の選び方。掛け捨てと積立のそれぞれのメリット All Rights Reserved.